*胡蝶の白昼夢*

〜自己満足と健康のために美活を邁進する日々〜

*虎ちゃん*

お越し下さりありがとうございます。



本日はうちのウサギちゃんについてお話しますね。

名前を虎(とら)といいます。
ネザーランドの男の子で、この5月で2才になりました。
なぜ虎と名付けたかというと、自分の干支の7つ先の動物が福を呼ぶと言う話を聞いたからです笑


出会いはペットショップで、そのとき虎ちゃんはまだ生後2ヶ月の赤ちゃんでした。
一番古い写真がこちら。

今とは全然体毛の色が違います。赤ちゃんのころは体毛の色素が薄いグレーで目も赤く、
耳とお鼻がピンクで…!!お店にいた動物の中で一番可愛かったです。


そもそもデグーマウスを見にペットショップに向かったのですが、
あまりの可愛さに抱っこだけさせてもらうことに笑


学生時代に学校で飼っていたウサギをお世話したり、
クラスメイトが飼っているウサギを触ったりしたことがあったのですが、
虎ちゃんは今まで触ったことがあるウサギとは全然違います!!


すっっっっごいふわっふわ!!そして気持ちいい!!
何なのこの手触り!ウサギってこんなにフワフワなの?ネザーランドだから?笑


それだけではなく、店員さんにはしなかったのに、私が抱っこしたらペロペロと首の辺りなめてくれたのです!
ギャーー可愛いーーー!!もう君に決めたーー!!!!


こうして当初の目的はすっかり吹っ飛び、お迎えすることに決めました。


生後3ヶ月になるからか、
性格が激しい(店員さんがケージに手を入れたら狂ったように飛び跳ねて逃げていました笑)からか、
こんなに可愛いのに70%のお値下げをだったのも決め手の1つでした。


うちに来て最初の2週間は小さな音にとても敏感だったので、
怖がらせないように可能な限り音を立てずに生活していました。
けれど暑かったのもあって、徐々に無防備な姿を見せてくれるようになりました。


部屋の隅の一番涼しいところで寝っころがったり。


これはもう少したってからですが、窓辺で足を伸ばしてリラックスしたり。


虎ちゃんが来てくれてから、毎日が驚くほど幸せになりました。
この巡り会いに本当に感謝しています。


少しでも近くにいたいので、基本的にケージへは入れずに放し飼いです。
私の就寝時にキャリーケースに入れます。
朝が来ると、キャリーケースの入り口に取り付けてある太いかじり木をゴリゴリ齧って起こしてくれます笑


ケージを使わずにどうしているかというと、
60cm×60cmの組み立てサークルで四角い枠を造り、下にペットシーツを敷いてます。給水器と干し草入れはサークルに取り付け、エサ皿も中に置いています。
オシッコはサークル内の壁面の右奥でしかしないので、ペットシーツはワイドサイズの45cm×60cmを使っています。

基本的には、大も小も一箇所でしてくれているのですが…虎ちゃんは怒らせると本当に怖いのです。


あまりの可愛いさに、ついしつこく触ろうとしようものなら、
ベッドに登って、奥の壁側に面したマットレスの隅と掛け布団(死角)におしっこをします。数時間前に替えたばかりのカバーリングだろうと、当然お構いなしです。
私が何かしない限りやらないので、明らかに怨恨です…。


他にも、お気に入りのクッションが無惨な姿になったり(チャックスコラボのシマリスくんクッションの耳が噛みちぎられました…。)、ふと気を抜いてしまったところを狙われ、あまたの電化製品のコードが断ち切られました。
ふと油断してしまい、タブレット(合皮)カバーの表面がボロボロになってしまいました…。


ですが、それらは虎ちゃんが悪いのではなく、飼い主である私の怠慢・監督不行届きです。気をつければいいんです。気をつければ!!
イタズラだけならまだしも、体に良くないものを食べたりしたら大変ですからね。






次回は虎ちゃんのエサやおやつをご紹介します♪


最後までお読みくださり、ありがとうございました。